banner

安い作成料金で

パンフレットを作成するのにデザインを含め、安い作成料金で、自分で作る

作成料金を抑えるには自分で作成するのが一番です。まず、ある程度自由にレイアウトができ、写真や表を組み込めるソフトが必要です。作成したデータを印刷するのでプリンターも必要です。A4サイズのパンフレットを作りたいのでA3対応のプリンターが必要です。素材はパンフレット作成に必要なものを用意しておきましょう。写真、表、グラフ、イラスト、写真などです。もちろん文字原稿も必要です。

素材など一式揃ったら、何ページのパンフレットを作成するか決めます。A3を半分に折って真ん中をホチキスで留める方法で作成するので4ページ単位です。全体で20ページ、24ページといった具合です。A3用紙の左右のページは連続ではないことを確認してください。安く仕上げるために、紙は安いものを使いましょう。ただし表紙だけはカラー印刷の引き立つコート紙にしたいです。中は上質紙で我慢しましょう。パンフレットですから表紙にはイメージとか風景とか、できれば内容にあった写真を前面に出すようなインパクトのあるデザインにしたいです。中は各項目に統一されたデザインを考えます。タイトルの書体や大きさ、色などを自分で考えます。本文もバラバラではなくブロックごとに配置できるように文字の大きさ、字詰め行間など、見やすいようにデザインします。パンフレットは、内容がしっかりと相手に伝わるような、見やすい、読みやすいデザインが大切です。必要な写真をどのように配置するか、で内容の理解度も変わってきます。文字の入力も、誤字・脱字のないように確認しましょう。慣れていないと文字入力は大変な仕事ですが、安い値段で作るのですから、自分で入力してください。全部できたら、とりあえず印刷してチェックしましょう。修正箇所、気になる部分がなくなるまで頑張りましょう。

いよいよプリントです。試しにA3用紙各一枚ずつプリントして、ページごとに重ねて、ホチキスで留めてみましょう。半分に折り、ページ順にできていれば一安心です。ページをめくり、何度も確認します。きっと文字の間違いや、レイアウトの修正があるはずです。でも、自分で修正すれば無料ですし、納得できるまでやりましょう。この、最後のがんばりが、ワンランク上の質の高いパンフレットとなるのです。表紙に使ったコート紙、写真は綺麗にプリントできているでしょうか。発色が悪ければ、明るく調整しましょう。いろいろなパンフレットがありますが、まずは見た目の表紙が大切です。表紙を気に入ってもらえれば、必ず手にとってもらえます。

Copyright © 2018 パンフレット作成をフリー素材を使って行う All Rights Reserved.