banner

裏表紙

裏表紙もパンフレット作成で拘りたい部分です

パンフレット作成を行う時は、パンフレットを受け取った人がページをめくりたくなるような表紙デザインを作り上げることが大切です。表紙はパンフレットの顔でもあり、重要な要素を持ちます。仮に表紙を見た時に、興味を抱くようなデザインが行われていなければ、中身も同じだと考え、ページをめくってパンフレットの中を読み飛ばすようにしてパンフレットは捨てられてしまう事も在ります。

そのため、パンフレット作成を行う時には表紙で興味を抱かせるなどのインパクトを与えることが重要となります。
また、パンフレットは文章を利用して説明を行うことが目的となる冊子になりますが、文章ばかりがページ内に在ると見る人は文章を読むのが面倒になってしまい、表紙に興味を抱かせる工夫が行われていない時と同じようにゴミ箱に捨てられてしまうケースも有ります。

パンフレット作成では、文章だけでは十分な説明が出来ない、もしくは文章では説明がし難い時などは写真やイラストなどを利用して、文章を補う工夫を行うことでパンフレットを見る人に対して解り易く説明を記載する事が出来るなどのメリットが有ります。
そのため、パンフレット作成は文章以外にも、写真やイラストなどを利用して解り易い冊子に作り上げることが求められます。
また、パンフレット作成を行う時には、表紙だけではなく裏表紙もデザインを取り入れたページに仕上げることが大切です。

裏表紙と言うのは、表紙の裏側のページであり、パンフレットを裏返した時に目にする事が出来るのが裏表紙になります。
裏表紙には何を記載しなければならないと言うことは在りませんが、そのパンフレットがどのようなジャンルのものであるのかなどのデザインを取り入れてあげることで、冊子の裏側からパンフレットを見た時などパンフレットの内容などについての興味を抱かせる工夫にも繋がります。

封筒などにパンフレットを封入する場合は、表紙を上側にして封筒に封入をしてから封印を行いますが、受け取る人はハサミを使って封筒の中身を取り出す事もあれば、封筒の糊付け部分を表にして封筒を開けることも有ります。
どちらの場合でも、表紙が上側にある事で、封筒の中に入っているパンフレットがどのような冊子であるのかを明確にしてくれますが、最初に見るページは表紙だけではなく裏表紙と言う場合も在ります。

そのため、封筒を開けた時に表紙になっていない場合でも、パンフレットの魅力を伝えるためのデザインを取り入れたり、興味を抱くような裏表紙をデザインする事がパンフレット作成には必要です。

Copyright © 2018 パンフレット作成をフリー素材を使って行う All Rights Reserved.