banner

Archive for the ‘最近の投稿’ Category

目に留まるデザイン

2016-01-07

自社パンフレットは自作できる!目に留まるデザインは?

会社やお店を宣伝するための材料としてパンフレットがあります。昨今では多くの会社や店舗がホームページやSNSサイトを開設している場合が多いのですが、それは社名や店名を知っていたり、検索条件に該当した場合やインターネット上の宣伝バナーからの訪問に限られるため、それ以上の集客を見込むためにはパンフレットの存在が有効です。

パンフレットは会社やお店の顔となり、お客様に伝えたいことを盛り込んだ資料となるのですが、道端で配布されるチラシのように興味のない相手にはただの紙切れとなってしまうこともあります。

まずは相手に見てもらうことが集客の第一歩となり、そのために魅力的なデザインを、と考えますが、業者に依頼するとコストがかさみます。原稿依頼時に発生する料金だけでなく、その後継続して増刷する度にかかる費用、更に内容に変更があった場合はその校了のためにも料金が発生することを考えたときにその経費の負担を大きく軽減できるのが自作でのパンフレット作成です。

しかしまったくノウハウもないのに本当に自作できるものだろうかと最初から諦めず挑戦してみましょう。

自作のパンフレットはエクセルやワードでも十分作成できます。
最も簡単はものはA4サイズの用紙を三つ折りになるようにレイアウトしたものです。パンフレットらしいスタイルでありながら用紙一枚で作成できるため、コストもかかりません。

最初にパンフレットに盛り込みたい内容を書き出していきます。
次にその中から最も伝えたいことを挙げてゆきます。箇条書きで挙げられた事柄を再度確認し、できるだけ少ない数に絞ります。

一番伝えたいことは大きな文字で、補足の説明分にはそれより小さいサイズの文字を使います。このときの注意点として、できるだけ文章は簡潔に。
パンフレットは、相手の目に留まることが重要なため、細かい文字を羅列することは避けましょう。

大まかに原稿が完成したら次はデザインです。
自社の雰囲気に合わせてフォントを選んだり、挿絵を入れたりして工夫しますが、レイアウトやデザインの知識やセンスに自信がないときは他社のパンフレットを参考にしても良いでしょう。
このとき参考資料に酷似したデザインや文章にならないように注意しましょう。

レイアウトや文章は繰り返し調整して納得がいくまでやり直せます。
裏表紙には会社やお店の住所、電話番号やURL等も忘れずに入れましょう。

時間をかけて作ったものには思いがこもっています。その気持ちがきっと伝わるオリジナルのパンフレットを作ってみてはいかがしょうか。

Copyright © 2018 パンフレット作成をフリー素材を使って行う All Rights Reserved.