banner

フリーソフトが便利

パンフレット作成には手軽に利用できるフリーソフトが便利

パンフレット作成において用いるフリーソフトにはいくつかの種類があります。通常、プロがパンフレット作成を行う場合は、IllustratorとPhotoshopを使用して作成します。パンフレット作成のレイアウトや文字の書き込みはIllustratorで行い、写真の修整はPhotoshopで行い、最終的には両ソフトで制作したものを組み合わせて一つのパンフレット作成を行います。

また、WordやExcelといったソフトでもある程度のパンフレットは作成できます。これらのソフトは有料のソフトですが、フリーソフトでもある程度まではパンフレット作成が可能です。フリーソフトのInkscapeはIllustratorと似ている機能を持ちます。レイアウトや図形の作成、文字の書き込みなどに優れています。Gimpは写真の修整ができるフリーソフトで、Photoshopと機能的には似ています。

IllustratorとPhotoshopは使いこなせるようになるまでにかなりの訓練が必要ですが、InkscapeとGimpは前者ほどの難しさはありません。しかし、覚えるまでに一定の練習は必要で、両ソフト共に解説書が販売されています。どの程度のパンフレット作成を行うかにもよりますが、両者のフリーソフトは実用上支障のないレベルのパンフレットを作ることができます。

フリーソフトのOpenOffice Drawは自由度が高く、比較的平易に書けるソフトですが、解説書が少ないために覚える手段が限られるソフトです。建築系のフリーのソフトであるjw-cadは覚えるのが簡単なフリーソフトです。解説書も多く出版され建築以外の多方面の作図に使用されています。オプションのソフトをインストールすれば写真の貼り付けも可能です。

線や文字を書き入れる機能に優れ、線の太さや色を変えることが出来ます。曲線の作図が難しい点とイラスト文字を作成するのが困難な点はありますが、簡易なパンフレット等の作成は十分でき、覚えやすいソフトです。IllustratorとPhotoshopを製造販売している会社では、バージョンが古くなったソフトをホームページ上からダウンロードできる措置をしています。

最新の機能を使うのでなければ、十分なパンフレット作成が可能です。いずれのソフトの一定の練習を積まなければ書けるようにはなりません。パンフレット作成を覚えるためには解説書による方法のほか、専門学校等の講座に通うか、無料動画のオンラインサイトを利用する方法もあります。パンフレットは難しい機能を使って作成するよりも。フォントや文字の大きさをバランスよくすることで効果の上がるものを作ることができます。そのような時はフリーのソフトが役に立ちます。

Copyright © 2016 パンフレット作成をフリー素材を使って行う All Rights Reserved.